心理カウンセラー土矢紘誇のメンタルケアサロン レベルフォークロス WebSite|性格の悩み・自己肯定・うつ・更年期・カウンセリング・グリーフケア・ヒプノセラピー|横浜・関内

menu

横浜のカウンセリング|レベルフォークロス

カウンセラー パートナー

Level4Cross提携の実力派で信頼できるカウンセリングオフィスです。
カウンセリング・講義依頼をご希望の場合はご紹介もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
※順位不同 敬称略

Marine Colors [マリンカラーズ] 代表:吉原彩洋子

yoshihara1

カウンセリング+パーソナルカラー診断を融合させた心理カウンセリングルーム(国立)
◆WebSite:http://www.marinecolors.com
Bloghttp://ameblo.jp/marine-colors/

◇キャリア・コンサルタント/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー R(NPO/特定非営利団体活動法人特定)
◇社団法人日本心理療法協会認定 心理カウンセラー
◇認定上級心理カウンセラー(日本能力開発推進協会)・TCカラーセラピスト
◇パーソナルカラリスト

大学卒業後、人材ビジネス業界に携わり、多くの人の人生の節目に様々な相談を受けてきたことから、自然な流れで心理カウンセリングへも活動の場を広げる。
その途中で色の世界に出会いパーソナルカラー診断やカラーセラピーと融合させたカウンセリング『マリンカラーズ』を展開する。

◆Message『再生への第一歩 ~自分を知ること~』

色は光の波長の長さによって決まります。そして、人にもそれぞれ自分に合う波長があります。
波長の合う人、波長の合う場所・・・などいろんな言われ方をしますよね。
自分に合う人、自分に合う職場・・・それらを探すときよく言われる言葉・・・「自分を知ることが大事」

でも、それはとても難しい作業だったりもします。世の中にはそれが早く見つけられる人、簡単にできる人もいます。どちらが良いとか悪いとかではありません。まさに「十人十色」です。

自分に合うものを知ることは、自分をよく知ることに通じています。自分に似合う色を見つけることだけでも人生がガラッと変わったりすることがあります。

例 えば、以前うつ病で悩んでいた方などにカラー診断を受けていただくと、病気の時に着ていた服はことごとく似合わない(その人にとっては苦手色)だったと言 われることが多かったことからも色は心を反映するものであると思うのです。そんな経験から、現在は様々なカウンセリングとあわせてパーソナルカラー診断を 融合した総合プロデュースも展開しています。

悩みに押しつぶされ自分が何者なのか分からなくなってしまうと進むべき道も見えません。
1人で悩まず、まずはどうぞお気軽にご相談ください。

こころ音 代表:野川仁

nogawa01心理カウンセリングルーム(千葉・横浜)
◆毎週火曜日10:15~ 横浜にて 無料セミナー『実践心理学教室』を開催中
◆WebSite:http://kokoro-ne.biz/

◇社団法人日本心理療法協会認定 心理カウンセラー

大学在学時に、就職活動に失敗し、引きこもるようになる。
その後、引きこもり時に友人から相談された事が一番のきっかけとなり、 人を勇気づける仕事や、相談業に興味を持ち、引きこもりを脱出し、 その後イベント会社に就職をし、お金をためて、情報通信系企業に転職。
そこで顧客サポートとして4年間、働きながらカウンセリングを学び、 心理カウンセラーとなる。


◆Message『人生はまた色づき始める』

世の中には、生きていて辛いことや、苦しいこと、悲しいことが沢山あります。 ストレスが多い社会に私たちは生きていますから、当然のことだと思います。
それ故に悩んで、苦しんで、時に涙し、時に叫び、時に逃げたくなるし、一人では立っていられない時もあります。
そして、人生に希望を失い、前を向く力がでない時もあるでしょう。

それでも、私は人生は生きる価値があるものだと思っています。
少し顔を上げれば、暗闇だけじゃなく、小さな光を見ることができます。
息を吸い込み、深く呼吸をすれば自分を感じる事ができます。
あなたが悲しみに暮れれば、あなたの事を心配してくれる人が必ずいます。

失ったかのようなあの気持ちも、また取り戻す事ができます。
今は色あせて見えるかもしれないこの世界もまた、必ず色づき始めます。

今は苦しく、辛いかもしれませんが、それを一緒にひも解いて、またあなたの世界が色づき始めるお手伝いができたら、それほどうれしい事はありません。
人生捨てたもんじゃないですよ。

セルフリラクセーション ご縁堂 代表:白人蒼依

セルフリラクセーションセラピー(国立)
◆WebSite:http://cocoro-goendo.jimdo.com/
◆blog:http://ameblo.jp/aoi-shiroto/

◇アートセラピスト(日本心理療法協会認定)
◇ハーブティーアドバイザー(SPICE認定)
◇占術家:西洋占星術・タロット 雑誌ケイコとマナブ・Webコンテンツ など多数

こころが疲れてしまったとき、それは自分を癒す力を養うチャンスです。そんなときは、ぜひ自分のこころや身体に、目を向け、耳を傾け、少しずつ自分で自分 を支える力を身につけていきましょう。自分が自分に優しくなれる瞬間を自らの力で作り上げる。その癒しの時間を共有させて頂けたらと思っています。

◆Message『癒されながら生きたいね』

『占い』の本質というのは、人生がスムースにいかなくなったとき、そのときの不安をどうにかしたいという気持ちにあるのではないでしょうか。つまりは、占 いは不安を取り除く、あるいは気持ちをコントロールするための方法のひとつとして存在しているのだと思います。その意味から、占いをカウンセリングのツー ルとして、あるいは癒しのプロセスとしてご提供したいと考えています。

そして、癒しのひとつの在り方として、自分と主体的に向き合い、自分 を肯定することも提案しています。そのための手段としてご提供させていただくのが『アートセラピー』という絵を描くことによる心理療法です。自分の描いた 絵というのは、自分の分身です。ですから、自分の描いた絵と向き合うことは、自分と向き合うこと。自分の描いた絵をじっくり眺め、味わってみましょう。絵 を描くことによる心の癒しを体験して頂けると思います。

こころが疲れてしまったとき、それは自分を癒す力を養うチャンス。
どんな自分もとりあえず現状OKにして、癒されながら生きていく、そんなリラクセーションメゾッドをお伝えしています。

White Piano [ホワイトピアノ] 代表:高柳可南子

うつ病専門 バイリンガルのカウンセリングルーム(町田・国立)
※外国人の方の言葉や文化の壁によるストレスケアにも力を入れています。

◆WebSite:http://whitepiano.net/

◇社団法人日本心理療法協会認定 心理カウンセラー
◇社団法人日本心理療法協会認定 アートセラピスト

42歳の時うつ病になり9年間再発を繰り返す。
初めて受けたカウンセリングで自分の存在を愛しいと思い、自分の未来に光を見る。
闘病中ではあったが、うつ病で苦しんでいる人たちを少しでも楽になってほしいとカウンセリングの勉強を始める。現在は、椎名ストレスケア研究所でカウンセリングとカウンセラー養成講座での講義を担当しており、クリニックにおいてカウンセラーとして勤務。

◆Message 『うつ病から抜だすコツ』

「楽」・「得」・「変」を心がけることが、うつ病から抜け出し元気でいられるコツです。

「楽」:カウンセリングの来られる方の多くは、~しなければいけないとか、~だから自分はダメなんだとか、と思い悩んでいます。それは自ら作った枠です。もし、それを取っ払ってしまったら、とても楽になります。

「得」: 背中を丸めてうつむいてうつのモードにいるのと、気分を切り替えて楽しいこと好きなことにエネルギーを注いでいるのと、どちらに時間を費やすのが得でしょ うか?私はうつのモードで何時間も費やしました。同じ時間を過ごすなら、楽しく過ごした方がいいに決まっていますよね。でも楽しいこと好きなことが見つか らないから苦しんでいることも、十分承知しています。

「変」:闘病中だったある日、私は英語のスピーチコンテストで日本一位になりステージ でトロフィーを手にしている自分を想像して、ニタニタして町を歩いていました。向かって歩いてきた若者と目が合ってしまいました。彼の眼には「変なおばさ ん!」と映っていたように思います。「変」でいいと思います。誰にも迷惑をかけていません。

この3つが簡単でないことを私は知っています。でも一人だとできないことも二人だとできます。
ぜひ、お手伝いをさせてください。

いんくるの森 塾長:竹内 朗

いんくるの森個別指導塾、カウンセリングルーム、教育研究所(相模大野)
◆WebSite:http://inclunomori.com/

◇社団法人日本心理療法協会認定 心理カウンセラー
◇生涯学習開発財団認定コーチ
◇学習支援員(LSA)養成講座本コース修了

個別指導塾で小・中学生を対象に約12年間指導 その後、大手個別指導塾本部で教育・進路相談、進学イベントの企画・運営、社員・講師研修、学校関係者対応など幅広い業務を担当する。新しい個別教育を研究・実践するために2015年5月に 自立学習応援個別指導塾  『いんくるの森』 とその付属機関である カウンセリングルーム、教育研究所を開設する。

◆Message 『自己肯定感を高める みんなちがって、みんないい!』

【いんくる】とは、インクルージョン(包括)、インクルーシブ(包括的)の最初の4文字からとりました。
「インクルージョン教育」など特別支援教育や福祉の世界などではよく出てくることばです。
「多様なニーズや特性を受け入れ、1人ひとりの強みを活かし、弱みはサポートし合いながら共生していく」 そういう社会をつくりたいという思いが込められています。

やる気 を引き出すために最も大切なのは、その土台となっている「自己肯定感」を育てることです。
「自己肯定感」とは、自分の欠点もすべてひっくるめて、これが自分だ(I am OK.)と肯定し「自分が好きだ」と思える感情です。失敗しても、辛いことに直面したとしても「自分には価値がある」と認められる気持ちです。
「自己肯定感」を育むためにまず必要なのは、「自己理解」です。自分のいいところはどこで、何ができて、何ができないのか、また、できることはどうやって伸ばし、できないことはどうやってフォローしていくのか、などを理解していくことです。
自分の長所や強みを知り、それを認め、発揮できるようになった時、人は驚くほど成長し「自信」を持って自分の足でしっかりと歩いていくことができるようになります。「自立」
そして、人は一人ひとり 「みんなちがって、みんないい! 」のです。
いんくるの森は、一人ひとりに合った方法で、あなたの未来を全力で応援させていただきます。

うりずんフーヤ 代表:近藤まどか

kondou親子問題専門の心理カウンセリングルーム(座間)
※北海道・沖縄の竹富島で自然と共に行うカウンセリングです。
※学生の方でもご相談頂けます。

◇社団法人日本心理療法協会認定 心理カウンセラー

「うりずん」は、沖縄地方で冬が終わり大地に潤いが増してくる時期のこと。
「フーヤ」は、竹富島で母屋のこと。

若葉がいっせいに咲き始め大地が潤うように、閉じてしまった心の扉を開くと心が満たされありのままの自分に帰れる、そんなところでありたいと思い名づけました。

・夢を聞かれることが苦手だった
・家族のバランスをとっていた
・自分の気持ちを封印してきた
こういう思いをしたことありませんか?

人と人とのつながり、人と自然のつながり、そして自分自身とつながることで、人は一瞬で変わることがあります。
心の奥底にある大切なメッセージを掘りあて、自分らしさに目覚める場を提供したいと思っています。

◆Message『じょーじへの扉』

子どものころ好きだった絵本はなんですか?
わたしは『ひとまねこざる』が大好きでした。
やりたい放題のじょーじに憧れていたのだと思います。

やりたいことがわからない日々を過ごしてきました。
転職を繰り返し、仕事に行っているふりをしたこともありました。

そんな折、沖縄で数え切れない星を見ました。
気づいたら無心になっていました。
童心の扉が開き、じょーじのような自分と出会いました。

自然には、楽に一歩進める力があります。
時計もカレンダーもいらないところで、生きている実感のようなものを味わっていただけたらうれしく思います。

日本心理療法協会認定カウンセラー :宮城瑞穂

miyagi心理カウンセラー(町田)

◇社団法人日本心理療法協会認定 心理カウンセラー
◇社団法人日本心理療法協会 所属カウンセラー:http://j-mental.org/
◇アロマハンドセラピスト認定

ファッションの専門学校を卒業後アパレルメーカへ就職。
学生時代からパニック発作に悩まされながらやり過ごしてきたが就職してから悪化。
自身のメンタル不全と周りの環境に悩む日々が長く続きカウンセリングと出逢う。
生まれてからの自身の”マイナスの経験に価値がある”と気付き心理カウンセラーとなる。

 

◆Message 『自分らしく生きる』

「自分のやりたいことが見つかった。」「カウンセリングを受けて一歩踏み出せました。」
講義やカウンセリングでの皆様からのお言葉が私の成長の糧となっています。

悩みの中にいる方は、強くなりたい。弱い自分が嫌い。とおっしゃる方もいます。
でもほんとうは強くたって良いし弱くたって良いんです。

自分らしさは自分の中に必ずあります。
環境にまとわりつかれてしまった”自分らしさ”は今は見えなくなっているかもしれないけれど、ずっとあなたの側にいて力になってくれているはずです。
人は自分らしさを取り戻した時、本来持っている輝きが(皆さん元々持っているんですよ〜)解き放たれるものだと思っています。

ただ話を聴くだけではなく、その人その人に合ったカウンセリングを通じ ”あなたらしさ”を探るお手伝いをさせて下さいね。

運営サイトLINK

横浜心理 横浜実践心理学教室 横浜の占い ノーザンクロス